医療法人 親和会 ヒサドメ歯科 鹿児島県霧島市国分の歯科 インプラント・予防歯科・ホワイトニング・一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科

鹿児島県霧島市でインプラントならヒサドメ歯科

私たちの願いは、生涯にわたる皆様の健康です。

お問い合わせ・ご予約はこちら
0995-46-8866

ヒサドメ歯科では日曜・祝日も診療

ヒサドメ歯科では日曜・祝日も診療

ブログBlog

ブログ

2023年3月15日大人のむし歯

いつもヒサドメ歯科のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

昨今、口腔ケアの意識の高まりから、若い人の虫歯は減っていますが、

65歳以上の人は、以前よりも虫歯の数が増えているという調査結果があります。

 

大人のむし歯は、

治療済みの歯にむし歯が再発する2次う蝕

歯茎が下がって露出した根元に生じる根面う蝕

の二つに分かれます。歯根が露出する原因としては、加齢や歯周病、強すぎるブラッシング、食いしばりなどがあります。

大人のむし歯は痛みを感じにくく、進行が早いためなかなか症状に気づかず、知らないうちにどんどん悪化してしまうことがあります。

大人のむし歯予防には、プラークコントロール(丁寧な歯磨きやフッ素を含む清掃剤の使用、歯間ブラシやデンタルフロスの使用など)や定期検診がとても大切です。定期的に歯科医院への受診、メンテナンスを行いましょう。

 

歯と口は年齢と共に変化します。気を抜かず、適切なケアをしましょう。

治療したからといって安心せず、知らず知らずのうちに内側にできた虫歯が進行している場合があります。

定期的な健診をぜひ受けられてください。

 

何かありましたらいつでも当院にご相談ください。

 

 

2023年2月28日診療時間変更のお知らせ

 

いつもヒサドメ歯科のホームページを
ご覧頂き、誠に有り難うございます。

 

令和5年4月16日より

ヒサドメ歯科の診療時間が

10:00~19:00

と変更になります。

 

患者様にはご不便、ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

2023年2月28日3月 臨時休診日のお知らせ

いつもヒサドメ歯科のホームページを
ご覧頂き、誠に有り難うございます。

 

3月の以下日程が臨時休診となります。

 

=================

 

3月16日(木曜日)終日休診

 

=================

 

 

ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。

 

2023年2月21日スマイル

いつもヒサドメ歯科のブログをご覧頂き、ありがとうございます。

 

さて、みなさん、顔の筋肉はコリ固まっていませんか꒰。•◡•。꒱

表情筋や骨格筋をうまく使えずにいるとアゴの骨を支えきれなくなり、ほうれい線が目立ってきちゃいますʕ;ᴥ;ʔ

 

そういうときの予防方法は・・?

顔の筋肉を指の腹でしっかりほぐすマッサージを行うことです✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

 


スマホやパソコン操作など下を向く作業や寒いときなどは、無意識にアゴまわりの筋肉が緊張し、肩こり・首こり・顎関節症を助長してしまうので、優しい力でコリをほぐしてあげましょう(•ᴗ•)ノ

 

プラス笑いや笑顔には、ナチュラルキラー(NK)細胞という免疫細胞を活性化させ、免疫力UP効果があり、つくり笑いでも口角を上げ微笑んでいるだけで表情筋の動きが脳に伝わり幸せな気分になれちゃうから凄いステキな力ですょねっ(∗❛ัᴗ❛ั∗人)♪♪

さらに笑顔は、表情筋を鍛えてくれたり、脳が楽しいと勘違いしてポジティブ思考になり、人生をよりよくする最大のコミュニケーション術でもあります(´∀`)ノ☆ヽ(´∀`)

笑うと脳がオキシトシンを分泌し、自分だけでなく相手の幸福度も高まり、信頼関係を築けたり助け合いが円滑になります(੭ˊ꒳​ˋ)੭

【笑う門には福来る】

コリをほぐして幸せをいっぱい呼び込んでいきましょう(☆ó㉨ò)ノ✽.。.:*·☆☆

 

 

注意︰マッサージをして痛む際はすぐに中止し、受診してください

2023年1月30日2月 臨時休診日のお知らせ

いつもヒサドメ歯科のホームページを
ご覧頂き、誠に有り難うございます。

 

2月の以下日程が臨時休診となります。

 

=================

 

2月16日(木曜日)終日休診

 

=================

 

 

ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。

 

2023年1月12日1月 臨時休診日のお知らせ

いつもヒサドメ歯科のホームページを
ご覧頂き、誠に有り難うございます。

 

1月の以下日程が臨時休診となります。

 

=================

 

1月19日(木曜日)終日休診

 

=================

 

 

ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。

 

2023年1月8日ここが知りたい!ホワイトニングQ &A

いつもヒサドメ歯科のブログをご覧頂き、ありがとうございます。

 

最近ホワイトニングをされる方も増えていますが、まだ一度もされたことのない方の中には”興味はあるけど不安もあってなかなか踏み出せない”という方もいらっしゃると思います。

そこで今回はホワイトニングに関する疑問についてお答えしようと思います。

 

Q1 白くなりにくい歯ってどんな歯?

まず、そもそもの大前提として、ホワイトニングで白くすることができるのは天然歯のみです。

詰め物や被せ物をしているところはホワイトニングの薬剤を作用させることができないため色調は変わりません。

若い人の歯ほど白くなりやすく、ご高齢の方の歯を真っ白にするのは難しいです。

これは長年の唾液で鍛えられた歯の方が硬く密で、薬剤が作用できる有機物が少ないからです。若い人の歯は有機物が多いので薬剤が作用しやすいのです。しかし、ご高齢の方は少し白くするだけでもグッと若々しく見えますので、ぜひトライしてみてください。

また、エナメル質にボリュームがないところほど、効果が上がりにくいです。たとえば、歯と歯茎の境目付近などは色調改善がしにくい場所です。色調改善がしにくい場合でも色を薄くすることはできるので、諦めずにご相談ください。

 

Q2 歯に白いまだらや縞模様が出てきたけど大丈夫?

ホワイトニングの開始後、白いまだらや縞のできる方がいます。これは、歯質の荒い部分だけが早く漂白されるために起きる現象で、ホワイトスポット、ホワイトバンドと呼ばれます。こうした歯質のムラは歯が育つ過程で自然に生じたもので誰しも多少はあるものです。硬く密な部分の漂白が追いついてくれば自然に消えますので焦らずにやり続けることが大事です。

 

Q3 ホワイトニング直後の歯はなぜしみやすく、着色もしやすい?

ホワイトニング前の歯は透明なペリクルという膜(唾液由来の糖タンパク質を主成分とする)に覆われています。

ペリクルが歯を刺激から守り、着色物質がエナメル質に入り込みにくくします。しかし、ホワイトニングの薬剤がペリクルをはがすため、刺激に敏感になり着色物質もエナメル質の中にするっと入りやすい状態です。

ただ、ホワイトニングの知覚過敏は一過性であり、ペリクルが歯の表面に戻ってくれば自然に消えます

通常、オフィスホワイトニングでは24時間以内、ホームホワイトニングでは4時間以内に症状が消失します。しみるのが心配な方は、知覚過敏抑制のお薬やしみにくい歯磨剤などもありますので、ぜひご相談くださいね。

 

Q4 直後の着色を避けるには?

ホワイトニング直後の歯は特に着色しやすいので要注意です。ペリクルが歯に戻り始めるのが約2時間後、元どおりになるのが約24時間後なので、色の濃い飲み物は24時間避けるべきです。飲み物ではコーヒー、紅茶、コーラ、赤ワインなど、食べ物はカレー、トマトソース、しょうゆの濃い煮物などに注意してくださいね。タバコはとくに着色しやすいので禁煙をおすすめします

 

Q5    白さはどのくらいもつ?

食事内容や喫煙などで個人差があります。定期的に歯科医院のメインテナンスに通い、歯面をきれいにクリーニングすると、後戻りがゆるやかになります。後戻りが気になったら、追加の軽いホワイトニング(タッチアップ)がおすすめです。後戻りしても完全にもとの色に戻ったわけではなく、オフィスホワイトニングなら1回程度、ホームホワイトニングなら15分程度でも目に見えて改善できる場合が多いです。

 

いかがでしたでしょうか。まだまだ疑問等あるかと思いますが、当院ではオフィスホワイトニングもホームホワイトニングも対応しておりますので、もっと詳しく知りたい方はぜひご相談くださいね。

2022年12月22日新時代

いつもヒサドメ歯科のブログをご覧頂き、ありがとうございます。

W杯も終わり、今年もあと僅かとなりました。

4年に一度のW杯。まだ日本戦の余韻も記憶に新しいことと思います。全試合に興奮し、夢中になった約1か月。ようやく普段の睡眠時間も戻ってきました、、、が、試合以外でも、今年は様々な取り組みが4年前と変わっていました。

まずは日本戦でも話題になったVAR。これは試合の判定の精度を向上させ、試合時間にも影響し、公平な試合が可能となりました。また、カタールという地域の気候に合わせ、各スタジアムには屋外にも関わらず、空調設備が常備されていたそうです。4年の時間は、人も物も大きく変わり、常に進化しています。

今回躍進した日本代表も、敗戦後、更なる躍進を期待させるコメントがこれから見られるであろう新時代を想像してしまいますね。

個人的にはW杯を通して、サッカーを語れる友人が多く増えた1ヶ月でもありました。友人達です。

話は大きくかわりますが、我々歯科界、そして当院も4年前とは様々な事でバージョンアップし、皆様に安心して歯科医療を受けてもらえるよう努力しています。

新型コロナウィルスの蔓延以降、様々な規制、自粛が世界を大きく変えました。

当院におきましても、会計時のリスク軽減のために自動精算機の利用、定期的な院内換気にご協力いただきありがとうございます。

治療の面でも、コンピューターを用いた光学印象の普及により、インプラント治療におきましては、より安全な治療計画の診断、精度の高いオペの実施のためのガイドステントの作製が可能になりました。皆様に安心して治療を提供させていただいております。

また矯正治療におきましては、フィット感がより高いインビザラインの症例も右肩上がりに増えております。

口の中の自分自身の環境に興味のある方は、唾液検査(シルハ)も試されてみてください。衛生士による歯磨き指導もセットで受けられます。

上記治療に興味のあるかたは是非ご相談ください。時代とともに治療も大きく進化して、患者様に安心して歯科医療を提供できるように院全体で邁進していきます。

ヒサドメ歯科の新時代にもご期待ください。

2022年12月18日「紹介」という選択肢

いつもヒサドメ歯科のブログをご覧頂き、ありがとうございます。

さて、今回は医療機関でよく行われている「紹介」についてのお話です。

 

皆さんは、病院に行った際に「もう少し精査の必要があります」とお医者さんから言われたこと、そして紹介状を渡され、大きな病院に行かれた経験はあるでしょうか?

実は歯科医院においても、大学病院などの大きな医療機関に紹介することはよくあります。

例えば

お口の中に大きなしこりがあるので精査が必要だったり、

親知らずが神経に近く、抜くにはリスクが高かったり、

根っこの治療をずっとしているけど中々治らなかったり…

命に関わる重要なことから、ちょっとした問題まで、様々な理由で町の歯医者さんは「紹介」を行うのです。

 

医療を行うにあたり、”病診連携”という非常に重要な考えがあります。

これは簡単に言うと、大きな病院と町の診療所が連携して、患者さんに適切な治療を提供する、という考え。

言い換えれば、

町の診療所で行える治療は診療所で、

診療所では補えない設備、施設、技術が必要な場合は大きな病院で、

という考えです。

つまり町の歯医者さんには、より精査や高度な治療が必要な患者様かどうかを見極めるという、治療の窓口としての責務があるのです。

紹介=たらい回し、ではなく、患者様に適切で安全な治療をお届けするための重要な選択である、とご理解いただければ幸いです。

 

何か不安なこと、気になることがあればいつでも当院にご相談ください。

 

 

2022年11月29日身をもって

いつもヒサドメ歯科のブログをご覧頂きありがとうございます。
私事ですが、10月半ばより約3週間、入院しておりました。

初めは夜になると少し熱っぽくなるな、くらいだったのがしばらくすると手足に力が入りにくくなり、そのうち入浴や階段の昇降も困難になりました。

病院に行って検査をすると即入院、ということになりました。

流行り病というわけではありませんでした。が、本当にきつくなっていったのは、入院してから数日経ってからでした。顔を動かすのもままならなくなり始めたのです。

夜眠る時に目を瞑ると、左目が明るいんです。しっかりまぶたを閉じることが出来なくなってきたんですね。
無理矢理布団を被っても目は半開きですから乾いてしょうがない。それが原因で夜中何度も目が覚めました。

面白いテレビを観ても口角が上がらないからしっかり笑えない。笑う自由を奪われる事がこんなに辛いなんて想像もできませんでした。口がしっかり閉じないので物も食べ辛いし、うがいもできない。歯磨きもだらだら垂れ流しながら行わざるを得ませんでした。

オーラルフレイル、という言葉に聞き覚えのある方も多くなってきたかもしれません。直訳すると「口腔内の虚弱」くらいの意味でしょうか。口腔内や周囲の筋肉、舌の機能の弱まりにより、摂食・嚥下機能や会話の能力が低下し、それが全身の機能低下や社会活動への参加意欲の低下につながっていくという概念です。自分のようにきっかけとなる疾患がなくとも、年齢を重ねるに従ってそのリスクは上がっていきます。

恥ずかしい話ですが、知識としては持っていても、自分がオーラルフレイルに近い状況に置かれて初めてその辛さが分かりました。そして、早期に状況を把握して対応できれば十分改善できるものだとも実感できました。

当院でもオーラルフレイルに関連した口腔の機能検査や指導を行っております。心当たりのある方は是非ご相談ください。

自由診療について
インプラント治療

インプラント治療は、従来の入れ歯やブリッジとは違い、天然歯のように美しくしっかりと咬める歯を取り戻す治療法です。失った歯の代わりに人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を装着します。健康な歯を削ることはありません。ヒサドメ歯科では、事前診査・診断、治療計画をしっかりと行い、安全性を期したインプラント治療を行っております。インプラントに関するご不安や疑問はいつでもお気軽にご相談ください。

施術の価格
インプラント埋入施術 31万円〜39万円(税別)(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
インプラント治療は必ず外科治療を伴うため、術後の疼痛・咬合痛・腫脹や出血などを生じる事があります。施術時、静脈内鎮静麻酔を行う場合、一時的にふらつきが生じる事があります。上部の人工歯や土台(アバットメント)が外れたり、欠けたりゆるんだりする事があります。また、インプラントも歯と同様に周囲の骨は歯周病のように吸収を起こすリスクがあるので、術後のメインテナンスは必須です。
審美歯科治療

審美歯科治療とは、天然歯のように自然で美しい口元を作ることを目的とした治療です。しかしながら、見た目の美しさの回復は、歯や歯茎の健康はもちろん、咬み合わせなどの正常な機能を持続させることにも貢献しています。主な治療として、歯を削らないホワイトニング、セラミッククラウン・インレーによる修復治療と、表面だけを削るラミネートベニヤなどがあります。様々な目的・処置方法がございますので、審美歯科治療にかかる治療費は、治療法により大きく異なります。

施術の価格
1万円〜25万円(税別)(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
  • 【ホワイトニング】
    ホワイトニング剤の刺激により、歯がしみる知覚過敏の症状がおこる可能性があります。
  • 【オールセラミッククラウン】
    金属などのインレーやクラウンと比べると、強度が若干劣ります。
  • 【セラミックインレー】
    部分的に削った箇所に装着するため、歯を削る量が比較的多くなります。
  • 【ラミネートベニア】
    強い力のかかる臼歯部などに装着すると、割れてしまうことがあります。
  • 【メタルセラミッククラウン】
    金属を全く使用しないオールセラミックと比べると、見た目はやや劣ります。また、金属を使用するため、歯茎や歯と歯茎の境目が変色してくる場合や、金属アレルギーを引き起こす可能性があります。