医療法人 親和会 ヒサドメ歯科 鹿児島県霧島市国分の歯科 インプラント・予防歯科・ホワイトニング・一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科

鹿児島県霧島市でインプラントならヒサドメ歯科

私たちの願いは、生涯にわたる皆様の健康です。

お問い合わせ・ご予約はこちら
0995-46-8866

ヒサドメ歯科では日曜・祝日も診療

ヒサドメ歯科では日曜・祝日も診療

治療費Price List

インプラント治療費についてのご案内

費用について

〈 インプラント治療が高額な理由 〉

インプラント治療は自費治療(保険適用外)になるため、どうしても費用が高額になってしまいます。
そのため治療を敬遠してしまう方が多いのは事実です。
しかし、本物の歯とほとんど変わらない咬み心地や自然な見た目が手に入るインプラント治療は
保険治療では行えません。
インプラント治療に費用がかかるのは、美しく咬み心地に優れた歯を手に入れるためのものだと
お考えください。
当院では費用について患者様にご納得いただいてから治療に取りかかれるよう、以下の取り組みを
行っています。

費用に関するご説明

インプラント治療にかかる金額は、患者様のお口の状態や埋入するインプラントの本数によって変わります。
当院では何よりもまず患者様自身にご納得いただくために、患者様のお口の状態や治療法や料金の内訳に
ついてご説明しています。
どんな理由でどんな治療を行い、何にいくらかかるのかをすべて丁寧にお伝えしますので、
気になることはお気軽にご質問ください。
治療を行うのは、しっかりとご納得いただいた後です。

医療費控除

一年間(1月1日から12月31日まで)に受けた医療費の合計額が10万円以上だった場合、一定の所得控除を受けられる制度を「医療費控除」といいます。
インプラント治療は医療費控除の対象になるため、支払った金額に応じて所得税が軽減されます。

  • ※ 本人または家族が対象となります。
  • ※ 申告は過去5年間まで有効です。

〈 控除額の計算方法 〉

(支払った医療費の合計額−A)−B

  • A: 保険金などで補てんされる金額
  • B:10万円※

※その年の所持金の合計が200万円未満の場合、その5%の金額

〈 控除を受けるために必要なもの 〉

  • 医院の領収書
  • 医療費控除に関する事項を記載した確定申告書
  • 公的交通機関の領収書(自家用車のガソリン代などは対象外)
  • 実印
  • 源泉徴収票(給与所得がある場合)
自由診療について
インプラント治療

インプラント治療は、従来の入れ歯やブリッジとは違い、天然歯のように美しくしっかりと咬める歯を取り戻す治療法です。失った歯の代わりに人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を装着します。健康な歯を削ることはありません。ヒサドメ歯科では、事前診査・診断、治療計画をしっかりと行い、安全性を期したインプラント治療を行っております。インプラントに関するご不安や疑問はいつでもお気軽にご相談ください。

施術の価格
インプラント埋入施術 31万円〜39万円(税別)(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
インプラント治療は必ず外科治療を伴うため、術後の疼痛・咬合痛・腫脹や出血などを生じる事があります。施術時、静脈内鎮静麻酔を行う場合、一時的にふらつきが生じる事があります。上部の人工歯や土台(アバットメント)が外れたり、欠けたりゆるんだりする事があります。また、インプラントも歯と同様に周囲の骨は歯周病のように吸収を起こすリスクがあるので、術後のメインテナンスは必須です。
審美歯科治療

審美歯科治療とは、天然歯のように自然で美しい口元を作ることを目的とした治療です。しかしながら、見た目の美しさの回復は、歯や歯茎の健康はもちろん、咬み合わせなどの正常な機能を持続させることにも貢献しています。主な治療として、歯を削らないホワイトニング、セラミッククラウン・インレーによる修復治療と、表面だけを削るラミネートベニヤなどがあります。様々な目的・処置方法がございますので、審美歯科治療にかかる治療費は、治療法により大きく異なります。

施術の価格
1万円〜25万円(税別)(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
  • 【ホワイトニング】
    ホワイトニング剤の刺激により、歯がしみる知覚過敏の症状がおこる可能性があります。
  • 【オールセラミッククラウン】
    金属などのインレーやクラウンと比べると、強度が若干劣ります。
  • 【セラミックインレー】
    部分的に削った箇所に装着するため、歯を削る量が比較的多くなります。
  • 【ラミネートベニア】
    強い力のかかる臼歯部などに装着すると、割れてしまうことがあります。
  • 【メタルセラミッククラウン】
    金属を全く使用しないオールセラミックと比べると、見た目はやや劣ります。また、金属を使用するため、歯茎や歯と歯茎の境目が変色してくる場合や、金属アレルギーを引き起こす可能性があります。