医療法人 親和会 ヒサドメ歯科 鹿児島県霧島市国分の歯科 インプラント・予防歯科・ホワイトニング・一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科

鹿児島県霧島市でインプラントならヒサドメ歯科

私たちの願いは、生涯にわたる皆様の健康です。

お問い合わせ・ご予約はこちら
0995-46-8866

ヒサドメ歯科では日曜・祝日も診療

ヒサドメ歯科では日曜・祝日も診療

ブログBlog

ブログ

2020年4月3日4月 臨時休診日のお知らせ

いつもヒサドメ歯科のホームページを
ご覧頂き、誠に有り難うございます。

4月の以下日程が臨時休診となります。

 

 

=================

 

4月16日(木曜日)終日休診

 

=================

 

 

ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

2020年3月15日フッ化物配合歯磨剤について

いつもヒサドメ歯科のブログをご覧いただき有難うございます。

皆さんは普段、どのような歯磨剤(歯磨き粉)を使用していますか?

市販の歯磨剤のほとんどにフッ化物が配合されています。

そんな、毎日何気なく使っている歯磨剤ですが、実はより効果的な使用方法があるんです。

①適正量を使用する。

チューブ入りの場合・・・6歳〜14歳で歯ブラシの上に1㎝程度

15歳〜成人で歯ブラシの上に2㎝程度

②使用後のすすぎは、水を少なめにする。

ムシ歯予防効果を期待するには、フッ素が口腔内に長く保持される事が必要です。

現在推奨されているのは、約15㎖の水で、1回5秒間程度の「少量洗口」です。

ちなみに、ペットボトルキャップ約2杯分の量になります。

③1日の使用回数を多くする。

朝、昼、晩が基本ですが、特に就寝前の歯磨きがムシ歯リスクを下げるのに効果的です。

 

ちょっとしたことですが、ポイントを抑えることによりムシ歯予防効果を高めることができます。

当院ではフッ化物配合歯磨剤の使用を推奨していますので、気になる方はご相談ください。

 

2020年3月12日顎関節症について

今回は顎関節症について簡潔にお話します。

日本顎関節学会より、顎関節症とは顎関節や顎を動かしている咀嚼筋の痛み、顎関節雑音、開口障害あるいは顎運動を主要兆候とする障害をとりまとめた病名のことを指します。

実は顎関節症はいわゆる生活習慣病と呼ばれる肥満、糖尿病などと同じく病気の因子が複数あるという側面があり、その複数の因子(環境因子・行動因子・宿主因子・時間的因子)が重なって発病するという病気なのです.また、男性と女性では女性のほうが患者数が多い傾向にあり、それは環境因子として普段の家事が関わっているのではないかと考えられています。

私も大学生のころ顎関節症になったことがあり、コンビニのおにぎりすら満足に食べることができないほど口が開かず、開けようとすると強ばったような鈍い痛みが顎に走りました。近くの歯科を受診したところ、強い食いしばりがあると言われ一時的なものだろうと判断されました。

実はそのとき大学の試験期間で非常に詰め込んだ日程になっていたため、寝る間も惜しんで試験勉強を行っていた際に強い食いしばりが起こっていたこと(行動因子)と、その試験のプレッシャーによるストレス(環境因子)が要因で顎関節症を発症していたと推測されます。その証拠に試験期間が終了してから(すなわち、二つの因子がなくなってから)2日後には以前と同じように口を開ける事ができ、痛みも全くなくなり、今日に至るまで再発していません。

多くは私の症例のように寛解するケースがほとんどであり、その後の自己管理により再発を防ぐ事も可能です。

また、命に関わるようなものでもなく、日常生活に著しい障害を及ぼすようなものでもありません。

昨今パソコン作業が増え、人間関係も難しくなりストレス社会と呼ばれる現代では顎関節因子は昔に比べ多くなっていると考えられます。その中でいかに因子を減らすか、これは自己管理により可能です。しかし、自覚症状がある場合、遠慮なく歯科に相談することを推奨します。

当院では初回のときに顎関節の異常を診察し、また、患者さまご本人からその訴えがあった際にはカビネと呼ばれる顎関節規格撮影を行っています。その画像から診断を行い患者様に治療のご提案をさせていただいておりますので、遠慮なくご相談下さい。

 

2020年3月1日電動歯ブラシについて

いつもヒサドメ歯科のブログをご覧頂きありがとうございます。

毎日必ず1回は行う歯磨き、皆さんはどのような歯ブラシを使われていますか?

歯周病は、国民の約8割がかかっていると言われることもあるほど身近な病気でありながら、痛みがないことが多いので放置されがちで、歯が抜け落ちるほど重症化してしまうこともあります。そうならないために、歯周病の原因である歯垢をためないよう正しい歯磨きを毎日行う必要があります。

「正しい歯磨き」がなかなかできないという方に試していただきたい道具の一つとして、電動歯ブラシがあります。電動歯ブラシは歯垢除去と一緒に歯茎までマッサージしてくれるので、お口の中を清潔に健康に保つ助けをしてくれます。

私は電動歯ブラシを使用して1週間ほど経つところですが、手磨きでは感じられない磨き心地を実感しています。

自分自身の歯をずっと維持できるよう、皆さんも歯のケアについて今できることを是非考えてみてください。

 

2020年3月1日3月 臨時休診日のお知らせ

いつもヒサドメ歯科のホームページを
ご覧頂き、誠に有り難うございます。

3月の以下日程が臨時休診となります。

 

 

=================

 

3月19日(木曜日)終日休診

3月24日(火曜日)午後3時より休診

最終受付14時半まで

 

=================

 

 

ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

2020年2月28日院内定期研修会

先日2月20日、ヒサドメ歯科医院内にて研修会を行いました。

研修内容は、当院においてお撮りする患者様のお口の中の写真(これを口腔内写真といいます)をより綺麗に撮影するための方法及びカルテの治療内容の書き方について行いました。

口腔内写真は歯列の正面、右、左、上、下の5点を撮影したお写真で、当院ではデンタルⅩという患者様に対して行う治療計画の説明において使います。また、治療がすべて終了した際に患者様の歯がどのように変わったのかを説明する際にもお使いします。

この口腔内写真が綺麗に撮れていなければ、患者様本人の現在の口腔内状況の理解はもちろん私たちヒサドメ歯科といたしましても十分な治療内容のご説明ができません。

研修後、スタッフ個人のレベルに合わせた自習を行い、各々渾身の一枚を収めた口腔内写真と歯の形態を学ぶために模型を用いた仮歯の作製を行い先生方に提出いたしましたところ、お褒めの言葉を頂きました。

この培った技術をご来院する患者様に提供出来る様、当院スタッフが担当分野に応じた研修をしていき患者様の健康に役立てる事が出来ればと思っております。

作製した仮歯

2020年2月2日2月 臨時休診日のお知らせ

いつもヒサドメ歯科のホームページを
ご覧頂き、誠に有り難うございます。

2月の以下日程が臨時休診となります。

 

 

=================

2月 20日(木曜日)終日休診

=================

 

 

ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

2020年1月5日1月 臨時休診日のお知らせ

謹んで新年のお喜びを申し上げます。

本年もスタッフ一同、サービス向上に尽力して参ります。

本年も宜しくお願いいたします。

 

 

 

1月の以下日程が臨時休診となります。

 

 

=================

1月 23日(木曜日)終日休診

=================

 

 

ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

2019年12月2日12月 臨時休診日のお知らせ

12月 臨時休診日のお知らせいつもヒサドメ歯科のホームページを
ご覧頂き、誠に有り難うございます。

12月の以下日程が臨時休診となります。

 

 

=================

12月 19日(木曜日)終日休診

12月 20日(金曜日)終日休診

12月 23日(月曜日)午後休診

12月 24日(火曜日)終日休診

=================

 

12月28日から1月3日まで年末年始のお休みとさせていただきます

年末は、予約が大変込み合うと予想されますので、

受診を希望される方はお早めにご予約をお願いします。

診療受付時間   9:00~18:00

 

尚、1月3日より通常診療となります。

大変ご不便をおかけしますが 何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

2019年11月2日11月 臨時休診日のお知らせ

いつもヒサドメ歯科のホームページを
ご覧頂き、誠に有り難うございます。

11月の以下日程が臨時休診となります。

 

 

=================

11月 21日(木曜日)終日休診

=================

 

 

ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

自由診療について
インプラント治療

インプラント治療は、従来の入れ歯やブリッジとは違い、天然歯のように美しくしっかりと咬める歯を取り戻す治療法です。失った歯の代わりに人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を装着します。健康な歯を削ることはありません。プルチーノ 歯科・矯正歯科では、事前診査・診断、治療計画をしっかりと行い、安全性を期したインプラント治療を行っております。インプラントに関するご不安や疑問はいつでもお気軽にご相談ください。

施術の価格
インプラント埋入施術 31万円〜39万円(税別)(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
インプラント治療は必ず外科治療を伴うため、術後の疼痛・咬合痛・腫脹や出血などを生じる事があります。施術時、静脈内鎮静麻酔を行う場合、一時的にふらつきが生じる事があります。上部の人工歯や土台(アバットメント)が外れたり、欠けたりゆるんだりする事があります。また、インプラントも歯と同様に周囲の骨は歯周病のように吸収を起こすリスクがあるので、術後のメインテナンスは必須です。
審美歯科治療

審美歯科治療とは、天然歯のように自然で美しい口元を作ることを目的とした治療です。しかしながら、見た目の美しさの回復は、歯や歯茎の健康はもちろん、咬み合わせなどの正常な機能を持続させることにも貢献しています。主な治療として、歯を削らないホワイトニング、セラミッククラウン・インレーによる修復治療と、表面だけを削るラミネートベニヤなどがあります。様々な目的・処置方法がございますので、審美歯科治療にかかる治療費は、治療法により大きく異なります。

施術の価格
1万円〜25万円(税別)(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
  • 【ホワイトニング】
    ホワイトニング剤の刺激により、歯がしみる知覚過敏の症状がおこる可能性があります。
  • 【オールセラミッククラウン】
    金属などのインレーやクラウンと比べると、強度が若干劣ります。
  • 【セラミックインレー】
    部分的に削った箇所に装着するため、歯を削る量が比較的多くなります。
  • 【ラミネートベニア】
    強い力のかかる臼歯部などに装着すると、割れてしまうことがあります。
  • 【メタルセラミッククラウン】
    金属を全く使用しないオールセラミックと比べると、見た目はやや劣ります。また、金属を使用するため、歯茎や歯と歯茎の境目が変色してくる場合や、金属アレルギーを引き起こす可能性があります。