医療法人 親和会 ヒサドメ歯科 鹿児島県霧島市国分の歯科 インプラント・予防歯科・ホワイトニング・一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科

鹿児島県霧島市でインプラントならヒサドメ歯科

私たちの願いは、生涯にわたる皆様の健康です。

お問い合わせ・ご予約はこちら
0995-46-8866

ヒサドメ歯科では日曜・祝日も診療

ヒサドメ歯科では日曜・祝日も診療

ブログBlog

ブログ

2021年1月9日WSD(くさび状欠損)について

ヒサドメ歯科ブログをご覧いただきありがとうございます。

今年もヒサドメ歯科をよろしくお願い致します。

皆さん、歯が沁みるという経験をされたことは多いと思います。そのような時、まず疑うのは虫歯、その次に知覚過敏、すなわち歯周病が原因と考えると思います。

近年では歯周病予防に着目した歯磨き粉も多数販売されています。予防のために使っている方も多いと思いますが、その中で使っているのにも関わらず沁みる、ましてや、よりひどくなったという方はいらっしゃいませんか。

それはもしかしたら、WSD(くさび状欠損)のせいかもしれません。今回はこのWSD(くさび状欠損)についてお話しします。

WSDとはWedge Shaped Defectの頭文字を取った名称で、一般にくさび状欠損と言われるものです。

具体的な症状や原因についてお話しする前に先に歯の構造について簡単に説明します。

歯の構造はエナメル質→象牙質→神経という構造を取っており、歯根では象牙質の周りをセメント質が覆っています。

一番外側のエナメル質は人体で最も硬いと言われており、その厚みは歯の上部から歯茎に近づくにつれて薄くなっています。

象牙質は骨と同等の硬さで、象牙細管と呼ばれる無数の管を有し、この象牙細管の中を刺激が伝わることで痛みがでます。

WSDは歯の表面のエナメル質や象牙質、特に歯肉との境目である歯頸部が摩耗し、くさび状の窪みが出来てしまう状態を指し、基本的にう蝕を伴わない欠損のことです。歯頸部でよく見られるのは、前述した通りエナメル質が上部に比べ薄く、エナメル質と比較すると摩耗しやすい象牙質が露出するためです。この象牙質は少し茶色がかっていますので、WSDの部位はご本人でも確認しやすいと思います。

WSDが出来てしまうと、エナメル質及び象牙質と神経との距離が近くなってしまうため、より刺激が伝わってしまい沁みや痛みを感じやすくなります。

原因として考えられているのは次の3つです。

  1. ブラッシング(歯磨き)
  2. 咬合力(噛み合わせ)
  3. 歯周病

一つ目のブラッシグによる原因とは、硬めの歯ブラシや研磨剤入りの歯磨き粉の使用及び強い力による歯頸部の歯磨きにより、硬いエナメル質が徐々に摩耗していくことにより窪みが出来ることを指します。

二つ目の咬合力による原因とは、噛み合わせが悪かったり、強い咬合力が歯頸部にかかることにより歯質が破壊されて欠損部位が出来ることを指します。

三つ目の歯周病による原因とは、歯周病の進行により歯肉が退縮することでセメント質が露出し摩耗することを指します。

最初に述べた歯周病予防の歯磨きを使っているのにも関わらず沁みる、痛いという症状が出る方はもしかしたら強いブラッシングによって歯のエナメル質を削ってしまっている可能性があるかもしれません。特にこの忙しい現代社会では、ついつい歯磨きも早く済まそう、でもしっかり磨かなきゃということで力強くゴシゴシと磨いてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

WSDの予防としては、

  1. 硬めの歯ブラシや研磨剤が入った歯磨きを避ける、もしくはそれらを使用するとしても多少時間をかけて丁寧に優しく歯磨きを行う。
  2. もし強い食いしばりなどをしていたら、マウスピースを使用する。
  3. 歯周病を進行させないために日々のケアをし、定期的に歯医者に通う。

当院ではブラッシングの指導やマウスピースの作成、当該部位へのコンポジットレジン(CRとよばれ、一般的に虫歯治療に用いる光硬化樹脂)の充填による治療を行なっています。

虫歯と違いWSDはう蝕を伴わないので大きく削ることもありません。なので、お気軽に当院にご相談ください。

 

 

 

 

ブログ一覧を見る

自由診療について
インプラント治療

インプラント治療は、従来の入れ歯やブリッジとは違い、天然歯のように美しくしっかりと咬める歯を取り戻す治療法です。失った歯の代わりに人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を装着します。健康な歯を削ることはありません。ヒサドメ歯科では、事前診査・診断、治療計画をしっかりと行い、安全性を期したインプラント治療を行っております。インプラントに関するご不安や疑問はいつでもお気軽にご相談ください。

施術の価格
インプラント埋入施術 341,000-〜429,000-(税込)(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
インプラント治療は必ず外科治療を伴うため、術後の疼痛・咬合痛・腫脹や出血などを生じる事があります。施術時、静脈内鎮静麻酔を行う場合、一時的にふらつきが生じる事があります。上部の人工歯や土台(アバットメント)が外れたり、欠けたりゆるんだりする事があります。また、インプラントも歯と同様に周囲の骨は歯周病のように吸収を起こすリスクがあるので、術後のメインテナンスは必須です。
審美歯科治療

審美歯科治療とは、天然歯のように自然で美しい口元を作ることを目的とした治療です。しかしながら、見た目の美しさの回復は、歯や歯茎の健康はもちろん、咬み合わせなどの正常な機能を持続させることにも貢献しています。主な治療として、歯を削らないホワイトニング、セラミッククラウン・インレーによる修復治療と、表面だけを削るラミネートベニヤなどがあります。様々な目的・処置方法がございますので、審美歯科治療にかかる治療費は、治療法により大きく異なります。

施術の価格
11,000-〜275,000-(税込)(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
  • 【ホワイトニング】
    ホワイトニング剤の刺激により、歯がしみる知覚過敏の症状がおこる可能性があります。
  • 【オールセラミッククラウン】
    金属などのインレーやクラウンと比べると、強度が若干劣ります。
  • 【セラミックインレー】
    部分的に削った箇所に装着するため、歯を削る量が比較的多くなります。
  • 【ラミネートベニア】
    強い力のかかる臼歯部などに装着すると、割れてしまうことがあります。
  • 【メタルセラミッククラウン】
    金属を全く使用しないオールセラミックと比べると、見た目はやや劣ります。また、金属を使用するため、歯茎や歯と歯茎の境目が変色してくる場合や、金属アレルギーを引き起こす可能性があります。