医療法人 親和会 ヒサドメ歯科 鹿児島県霧島市国分の歯科 インプラント・予防歯科・ホワイトニング・一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科

鹿児島県霧島市でインプラントならヒサドメ歯科

私たちの願いは、生涯にわたる皆様の健康です。

お問い合わせ・ご予約はこちら
0995-46-8866

ヒサドメ歯科では日曜・祝日も診療

ヒサドメ歯科では日曜・祝日も診療

ブログBlog

ブログ

2020年4月30日歯磨きについて

いつもヒサドメ歯科のブログをご覧いただきありがとうございます。

みなさんは普段どのようなことを意識して歯磨きをしていますか。ただ単に磨いていたり何となくで磨いたりしていないでしょうか。

歯磨きは食べ物のカスを落とすだけでなく、歯垢(歯の表面についた細菌の塊)を除去したり、歯肉をマッサージする効果があります。歯磨きの効果を最大限に発揮するために、今回は「歯ブラシの選び方」「歯磨きのポイント」の2点についてお話しをしたいと思います。

「歯ブラシの選び方」

歯ブラシにも種類はたくさんありますが、おすすめするのはヘッドが小さくて毛先がまっすぐなもの、そして、毛先が硬いものより普通か柔らかめのものです。また、歯ブラシの交換時期ですが、基本的に1ヶ月に1回交換してください。毛先が開いてきている場合も交換時期の目安となります。ただし、1ヶ月以内に毛先が開くようなら力を入れすぎて磨いている可能性が高いので、もう少し力を弱めて磨くようにしましょう。

「歯磨きのポイント」

①歯と歯の間、歯と歯肉の境目を意識して磨くようにしましょう。(歯垢が一番つきやすい部分ですが、歯ブラシだけでは取りきれないため、フロスや歯間ブラシ等の補助用具を使用してください。)

②磨き残しを防ぐため、磨く順番を決めて磨きましょう。

③歯肉を痛めないように、できるだけ力を抜いて小刻みに歯ブラシを動かしましょう。

④基本的には歯磨き剤をつけなくても歯垢は除去できますが、歯磨き剤の中に含まれる研磨剤により歯の表面に沈着した黄ばみをある程度取り除けて、フッ素入りの歯磨き剤は虫歯の予防効果があります。しかし、良い効果があるからといって多量につけず歯ブラシの1/3程度、小豆大くらいの量を目安に使用しましょう。

歯磨きはただ単に歯の掃除をするのではなく、虫歯や歯周病を予防するための治療法です。今回お話しした内容を参考に磨いてみてください。

また、ブラッシング方法についてご質問等ございましたら、当院の歯科衛生士が患者さまに合った歯ブラシの処方、クリーニングの指導等を行わせていただきますので、お気軽にお尋ねください。

 

ブログ一覧を見る