医療法人 親和会 ヒサドメ歯科 鹿児島県霧島市国分の歯科 インプラント・予防歯科・ホワイトニング・一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科

鹿児島県霧島市でインプラントならヒサドメ歯科

私たちの願いは、生涯にわたる皆様の健康です。

お問い合わせ・ご予約はこちら
0995-46-8866

ヒサドメ歯科では日曜・祝日も診療

ヒサドメ歯科では日曜・祝日も診療

歯周病・予防歯科Specific Therapy

歯周病・予防歯科コンセプト

いつまでも自分の歯で「食べる」「話す」「笑う」

当院では、健康を最大限に獲得し維持するというコンセプトを持っています。
このため必然的に、現代の予防医学に根ざしたデンタルケアに献身的に取り組んでいます。

メンテナンスを受けましょう

快適な毎日は、定期的なメンテナンスとあなたに合ったセルフケアの両立で実現します。

PMTC:専門家による紙面清掃 セルフケア:間位置にの歯磨き

むし歯や歯周病の予防効果が70倍に!

定期的にメンテナンスを続けると、自宅での歯みがきだけの場合と比べて、ほぼ確実にむし歯の発生や歯周病の進行を予防できます。

6年間に治療を行った歯面数

6年間に治療を行った歯面数図

歯科医院で行うメンテナンス

ヒサドメ歯科のメンテナンスプログラム

  1. 問診
    全身的な健康状態や最近の調子、生活環境の変化などについてお伺いします。
  2. ホームケアの評価
    染め出しを行い、日常のブラッシングの確認やブラッシング方法についてアドバイスを行ないます。
  3. 虫歯の検査
  4. 歯周病の検査

    3. 4. は必要に応じてレントゲン診査、お口の写真を撮影する 場合があります。

  5. P.M.T.C
    歯科衛生士による専門的なクリーニングです。 歯石取りも行ないます。
  6. フッ素塗布・フッ素イオン導入
    当医院ではメインテナンスの目的とプログラムをよくご説明して、納得されたうえでメインテナンスを行なっています。

セルフケアの状況に応じて3~6ヶ月ごとに繰り返し行うことにより、
お口の健康は保たれていきます。

プロケアアイテム

ダイアグノデント(歯面状態認識装置)

「Dental Drug Delivery System」といいリテーナーと呼ばれるトレー(マウスピース)を使って、抗菌性の薬剤やフッ素を安全かつ確実に歯面へ塗布する方法です。
また、リテーナーを使っての方法ですのでセルフケアでも使用可能な予防方法のひとつです。
※虫歯は虫歯菌(主としてミュータンス菌)の感染が原因で発症します。
虫歯菌が口腔内に一度住みついてしまうと、それを除去するのはかなり困難な作業となります
全ての病気に関しても言えることですが、原因を取り除くことこそ、最も有効な治療・予防法となります。

サリバテスト

だ液検査の結果とその他のカリエスリスク因子を入力することにより、むし歯にならない可能性を瞬時にグラフ化。患者さんの目線で"カリエスリスクの説明"と"予防方法の提案"ができます。スウェーデンで開発され、世界中の歯科医院で利用されています。

ペリオチェック

歯周ポケットや唾液中から細菌を採取し、歯周病の原因となる細菌の種類と数を調べます。なかでもA.actinomycetemcomitans菌やP.gingivalis菌が多く検出されると、歯周病の重症度が高いといわれています。

一般歯科コンセプト

極力削らない・抜かない
10年後、20年後・・・一生を考えた治療をする機能と美しさを両立させる

歯医者さんは、ただ削ったりむし歯の治療をする所だと考えていませんか。ヒサドメ歯科では「極力削らない・抜かない」「10年後、20年後…一生を考えた治療をする」「機能と美しさを両立させる」の方針の元、インプラント以外にも予防を含めた様々な口腔環境を整える治療を受けていただけます。
治療計画について疑問がある場合もインフォームドコンセントを重視しておりますので、納得いただいた上で治療を開始する安心のシステムです。

インフォームドコンセント

―インフォームドコンセント(Informed Consent)とは―

「医師からの治療の説明と患者様の同意」を意味しています。
よりよい治療のためのお互いの理解を深める合い言葉です。
ヒサドメ歯科では、患者さまと医師との信頼関係を第一に考え、
この「インフォームドコンセント」に基づいた治療を行っています。
患者様ご自身のお口の中をより良く知って頂くために、最初に口腔内の写真を撮影し、患者様一人ひとりの治療計画書を作成します。
患者様にお口の中の状況を出来るだけ分かりやすく説明し納得
いただいた上で、医師と患者様の二人三脚で治療を進めていきます。

小児歯科コンセプト

小児専門医による治療と、お子様の成長を考えた予防と食育支援

  • 小児専門女性歯科医師が優しく丁寧に担当します
  • ご両親のご希望や気持ちに共感しながら治療を進めていきます
  • お子様を取り巻く様々な情報を当院パンフレットやメディア等を通して提供します
  • 最小の治療と予防を勧めます
  • 健康観の育成と食育支援に力をいれています

虫歯の治療・虫歯の予防・定期的なケア・歯並び・くせ・外傷・カウンセリングアドバイス

哺乳ビンう蝕について

1歳4~5ヶ月を過ぎても寝ながら母乳を与えている、夜中に何度も母乳を飲ませるなどをしていると、上の前歯に虫歯が出来ることがあります。これを哺乳ビンう蝕といいます。母乳で育てるのはとてもいいことですが、あまりいつまでも与えていると、後で大変なことになります。1歳を過ぎれば寝かせながらの母乳や哺乳ビンは止めたほうがいいでしょう。

  • 断乳
    寝かせながら母乳を飲ます、泣けば飲ませて泣き止ませるという習慣をすぐにやめることが必要です。
  • 清潔
    きれいなお口で寝るようにしましょう。寝る前にお菓子や甘いものを与えないようにしてください。
  • 虫歯菌はお母さんから赤ちゃんへ感染します!

    生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内にはむし歯菌は存在しません。
    しかしむし歯の多いお母さんから口移しで食べ物を与えたり、キスしたりすると一緒にむし歯菌も与えてしまいます。
    だからといって一概に禁止するわけではありません。赤ちゃんとのスキンシップはとても大切です。赤ちゃんとキスしたければお母さんはむし歯をきちんと治しておいてください。そして、お母さんのお口の中のむし歯菌の数を極力減らしておくことが大切です。

    乳歯の虫歯を放っておくと・・・

    「乳歯はそのうち生え変わるのだから、虫歯になっても放っておいていい」という考え方が間違ったものであるという事が最近ようやく
    理解されてきました。乳歯の虫歯が進行していると、乳歯の下で準備をしている永久歯は正常な血液循環が行われずエナメル質の形成不全になります。生えてきたばかりの永久歯があっという間に虫歯になってしまうこともあるのです。

    子供の歯を守るのはお母さんです!!

    永久歯が良い環境に生えるために、食事の内容やおやつの与え方などに気をつけ、食後には歯磨きの習慣をつけさせましょう。

    初診相談・ご予約に関するお問い合わせはこちらまで

    tel:0995-46-8866

    インターネットからもご予約出来ます