医療法人 親和会 ヒサドメ歯科 鹿児島県霧島市国分の歯科 インプラント・予防歯科・ホワイトニング・一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科

鹿児島県霧島市でインプラントならヒサドメ歯科

私たちの願いは、生涯にわたる皆様の健康です。

お問い合わせ・ご予約はこちら
0995-46-8866

ヒサドメ歯科では日曜・祝日も診療

ヒサドメ歯科では日曜・祝日も診療

最先端治療Esthetic Denthistry

セレック コンピューター修復部位設計システム

短時間で美しい歯を取り戻す

ヒサドメ歯科では、シロナ社製のCERECを導入し、より患者様にやさしい環境を整えつつ努力しております。
CERECとは、CEramic REConstruction(セラミック修復)の略で、カメラで患部を捉えるだけで型を得ることができます。
コンピューターで修復部位を設計し、自動的に修復物を成形します。
従来の、ゴム状の物で患部の歯型を採り、石膏模型にし、技工士に依頼といった手順の短縮が可能となり、治療時間の短縮、患者様費用の軽減など様々な部分でのプラス効果となっております。

CERECの特徴

  • 技工所に依頼せずに院内にて詰めもの・被せものを作製できるため、外注費が発生しません。
    そのため、今迄よりも価格を抑え、なおかつ高品質なセラミック修復物をご提供できます。
  • 修復物の作製は技工士の経験と勘に頼るのが現状でした。
    もちろん、腕のある良い技工士に依頼する場合は、費用も高くなります。
    一方、セレックシステムは、コンピュータ処理によって詰めもの・被せものを自動で設計・切削するため、修復物の作製時間が大幅に短縮できます。
    常に患者様に合った詰めもの・被せものをご提供できます。
  • セレックで作製するセラミック修復物は金属を含まないため、アレルギーを引き起こすおそれがありません。金属によって、かゆみや湿疹、かぶれが起こる方も安心してお使いいただけます。
  • CEREC 3
  • 院内でスキャンしたデータを元に修復物を設計。
  • 設計されたデータを元に、正確にセラミックの削りだしを行います。

歯科用CT

最新の歯科用CTスキャンを院内常設

一般的な医療向けCTスキャナーでは、歯科医院で撮影するパノラマ写真の10倍以上の放射線を照射するといわれます。 この歯科用CTはデジタルパノラマ写真と同等の放射線量ですので、一度でこれだけのデータを取ることが出来るという意味では本当に患者様への負担が軽減された検査機器です。患者様への負担を最少限にし、体に優しく的確な治療が受けられます。
当医院では歯科用CTを導入しました。CTは立体的な画像で写し出されるため、インプラントのための診査や歯周病の程度、親知らずの状態の把握を正確に行うことができ、より安全、確実に治療することができます。
正確な診断と安全確実な治療のために歯科用CT(ヨシダ・トロフィーパンプラス)にてアゴの骨の立体的な形態や、神経の位置把握、さらに骨密度の診査などを調べます。治療を行う前だけではなく、治療終了後にも撮影を行い状態の確認をします。

パノラマと3Dセンサーを駆使した回転式デジタルレントゲン

デジタルにより従来のフィルムを使用したレントゲン撮影に比べ、人体に受ける放射線の量を約1/4~1/10に抑える事が可能に、またCT(3D)機能により断層写真、立体的な撮影ができますので、インプラントのみならず、あらゆる歯科診療でより正確な診断と安全確実な診断が行えます。
CT撮影も実行照射時間の短縮により、他のCT機器と比べ放射線量が一番少なく(2009年1月時点)、
患者様に必要以上のX線照射をすることなく診査・診断ができ、体にも安全です。
CTによる3次元画像により、通常のレントゲン写真ではわからなかった部分が、精密・立体的に見ることが
でき、インプラント治療の精度も飛躍的に向上します。
歯科治療の従来の診断を大きく変えるCTスキャンの導入により今まで2次元のレベルでの診断が3次元立体画像でのレベルに変わり多くの情報を提供してくれます。
インプラント手術や歯周病治療、歯列矯正治療、歯の根の病気に関係する治療の正確な診断・治療計画には、
3次元CTによる撮影が欠かせません。
より安全な歯科治療を提供するため、当院では、最新3次元歯科用CTを導入しております。3次元歯科用CTを設置している歯科医院は決して多くありません。
当院では、より多くの患者様にもご利用していただけるよう、お気軽にお問い合わせください。

マイクロスコープ

より精度の高い歯科医療のために

歯科医療においては、歯など治療対象が大変小さく、繊細な手技が要求される医療です。
これまでの歯科医療では、細かい作業において歯科医師の「勘」や「感覚」に頼る部分が大きく、その結果多くの不具合が生じることがありました。
従来の歯科医療では不可能であった、より高度かつ精密で審美的な歯科医療を行うために、ヒサドメ歯科では歯科用マイクロスコープを採用した治療を行っております。
このマイクロスコープは 人間の視野の2~24倍もの視野で治療が可能な医療用顕微鏡です。 このマイクロスコープを利用することによって、より精密な治療が行えるので、無駄に歯を削る心配がありません。MI治療の実践には欠かせない高度な診療機器です。 マイクロスコープを設備することで、当院へご来院されるすべての患者様にクオリティの高い治療を提供しています。

DENTA300の主な特徴

歯科治療において、人間の二点識別閾という 裸眼による治療では術野に十分な情報を把握しているとは
言えず、おのずとその限界がありました。また、拡大率さえ高倍率で使用すればそれでよいというものでは
なく、診査、術式などにより、臨床的に有効な倍率がことなるものと考えられています。そのため、1つの倍率のルーペだけでは限界が生じてしまいます。
マイクロスコープによる治療の最大のメリットは、明るい照明下で治療対象を拡大 して治療が行えること
です。あらゆる治療を正確に処置することが出来るようになることで、治療、手術において、治療面積を最小限にとどめて感染や術後の痛みといったリスクを抑えることにもつながります。
マイクロスコープでは写真機やビデオ機器を取り付けることにより、患者様へのビジュアルによる説明が
可能となり、インフォームドコンセントにも役立つと考えております。

レーザー治療

当医院で使用しているレーザーは、損傷をうけたり、弱ったりした細胞を刺激して活力を与え、機能を回復させる効果があります。

以下のような治療にレーザーを用いています

  • 初期虫歯の治療
  • 歯周病の治療
  • 親知らずの炎症をおさえる治療
  • 口内炎
  • タバコ等による歯肉の変色を取りのぞく治療
  • 外科手術等
  • 歯がしみるとき
  • 治りにくい根の治療
  • 歯の質の強化

TOP GRAFT MATERIALIZER トップマテリアライザー

TOP GRAFTとは

骨素材の革命

Tooth Osteoplantの頭文字を取った造語で抜去した歯芽をTop Graft materializerにて洗浄、滅菌、脱灰することにより、骨補填材として骨移植術に利用する非常に安全に自家歯牙骨材のことを言います。
また、生体適合性が高く感染に非常に強い材料としてインプラント治療における骨造成やその他様々な場面で骨移植に用いることが可能です。